カセットテープのイラスト、 Live Audio on FB のタイトル文字入り。

フェイスブックの新機能、ライブ・オーディオ

投稿者:

 

矢継ぎ早に、新しい機能を追加し続けてるフェイスブック。

昨年公開された動画の生(ライブ)配信に加えて、音声の生配信機能が新たに追加されました。”Live Audio(ライブ・オーディオ)”と名付けられているようですが、フェイスブック・ラジオのほうが分かりやすいかも知れません。

もちろん実際のラジオとは違って、リアルタイムで聴いている場合には、投稿のコメント欄を通して放送主とダイレクトにやり取りができます。

 

現時点では、Android(アンドロイド)スマホのみ対応

スマホのフェイスブック・ライブ送信画面写真は、スマホからのライブ発信開始画面(フェイスブック・アプリの投稿→「ライブ配信を開始」を選択)です。

いちばん下に「ライブ動画を開始」というボタンが見えていますが、その右横にあるボタンをタップすることで、ライブ・オーディオに切り替えることができるようになっています。

ただし、現時点でこの機能が提供されているのは、アンドロイド・スマホのみで、パソコンとiOSでは提供されていません(2018年3月時点でも同様)。

では、なぜ今になって音声なのでしょう?

背景はふたつあると思います。

お若い世代のあいだでは、ライブ動画が楽しみのひとつとして、すっかりと根付いたようですが、自分の姿を写してまで発信することに抵抗感を覚える人が多いと言うこと。自分の写真を掲載するのと、動画を掲載するのとでは大きなギャップがあることは、想像に難くないと思います。

このため、スマホからライブ動画が簡単にできるようになって以降、実は、Podcast(ポッドキャスト)の人気が復活しはじめたのです。ポッドキャストは、音声ブログです。文章によるブログと同じように、音声ファイルを投稿することができる仕組みです。こちらのほうが、いわゆるインターネット・ラジオ(リアルのラジオ番組をインターネットでも放送する仕組み)っぽいと思います。

背景の二つめは、データの消費量と回線速度の問題です。

パケットを使って、動画を観ていたのではあっという間にデータを使い切ってしまいますが、音声ファイルならばそんな心配はありません。また、フェイスブックは、高速のネット回線が整っていない国々でも利用されていますから、そうした地域では音声ライブのほうが人気を集めそうです。

 

実際に使ってみての感想

まず、ライブ・オーディオの投稿が流れてきた時ですが、その投稿の画像部分にゆらゆらとウェーブが表示されていて、それと分かるようになっています(音声はオフになっている)。

プロ用マイクの写真ライブの楽しさは、なんといっても視聴者とのダイレクトなやり取りです。

私は、ライブ動画を随分とやってきましたが、音声版を実際に使ってみて分かったことは、随分と気楽にできるということです。このため、リアルタイムで送られてくる視聴者からのコメントを見落としてしまう可能性が、ライブ動画の場合と比べてぐっと低くなります。

動画のライブ配信が、この1年間で随分と使いやすくなったことを考えると、このラジオ機能のほうも、これから使い勝手が良くなっていくかも知れません。遠隔とつないでの二人配信や、ポッドキャストとの連携ができるようになると、面白そうです。

 

(2018年3月加筆・修正)

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中