タイプライターの写真

アナログ人間を脱出するには?

投稿者:

 

先日、仲間と定期的に開催しているお茶会で、「アナログ人間」という言葉を耳にしました。

以来その言葉が、私の頭の中でぐるぐると駆け巡っています。自分のことをアナログ人間だという当のご本人は、スマホを持ち歩きSNSでも活発にやり取りをしているので、そんな風には全然見えません。

アナログ「世代」ということなら、私なんかは、120%ぐらい当てはまります(自爆)が、アナログ人間という言葉を聞いて、私がスマホを手にしたときのことを思い出しました。iPhone 5Sだったのですが、マニュアル本を購入して目を通して、使い方が分かっても、「これは便利だ!」とは思えなかったのです。

キーボードとスマホの写真理由は、パソコンに慣れきってしまっていたからなのですが、その事に気付かせてくれたのは、子供達でした。

ある時、「おまえらスマホの入力ってどうしてる?」と、ふと聞いてみたのです。子供達には、最初は質問の意味がつかめかったようでした。彼らは、その時既に自分たちなりに便利にスマホを使っていたのですが、パソコンを自作してしまう父親が、まさかスマホの文字入力に苦労しているとは、夢にも思っていなかったのですね。

「練習用のアプリ、いくらでもあるじゃん」と、長男。

「ん?アプリ?」

スマホで使うソフトのことは、アプリと呼ぶと知ったのは、この時でした。そんな父親の様子に、説明するのはもどかしいと思ったのでしょう。さっそく長男が、自分が使っていたフリック入力の練習アプリを私のiPhoneにダウンロードしてくれました。

「へぇー、こんなのだるんだ」と、私。

すると長男が、「お父さん、パソコンのキーボードを練習するソフト買ってくれたの、お父さんだよ!」

こう言われたときの私は、目が点になっていたと思います。

確かにそうでした。子供達の小学校には、当時すでにパソコン室があり授業に取り入れているということだったので、「それならばまずは、ブラインドタッチができるようになれ」と、キーボード入力練習用のソフトを買って自宅のパソコンにインストールしたことがありました。

冗談抜きで、目が覚める思いでした。

スマホを操作する白髪の男性あの時のふとした会話がなければ、私は今でも、パソコン人間(笑)のままだったのではないかと思うくらいです。

思うのですが、自分のことをアナログ人間だと考えている人の中には、ワープロ(懐かしね)や、パソコンならそこそこ使っていたという人も多いのではないでしょうか。

もしあなたもそうなら、スマホを使いこなすデジタル人間への道は、そんなに遠くはありません。まずは、スマホでの文字入力がストレスなくできるようになることです。この部分で、大きなストレスを感じている間は、スマホが便利な道具だと感じることはないというのが、今では私の持論になっています。

ん?いまさら、入力の練習なんて嫌かな?

それは、プライドが高すぎというものでしょう。しかも指先を使う練習だから、ボケ防止には、持ってこいだと私は考えているのですが、いかがでしょう?

でもどうしても嫌なら、口頭入力という手もあります。これは、私も最近知ったことなのですが、自然言語の認識能力って、最近はスゴイです、ほんとに。

それともうひとつ。

世代を超えて「通じ合う」会話ができるような身近な話題って、そうそうあるわけではないですからね。スマホ談義(?)で、子供達に相手にしてもらえるうちは、まだまだ自分も大丈夫かな、と(笑)。

というワケで、自分はアナログ人間だと称した方も、そんなふうに意識しなくなるまでに、そう時間はかからないはずです。

 

◆ 私が使っているフリック入力の練習アプリ:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中