Google アカウントとGmail アドレスの違い

パソコンの写真にGmailのイラスト

 

 Google社が提供しているメールサービス、Gmail(ジーメール)は、私も使っています。

女性がスマホを片手で操作している写真
GmailはPCとスマホの連携が素晴らしい!

 とても便利にできていますよね?パソコンでGmailの画面を開いておけば、そこからチャットを始めたり、カレンダーと連携させたり、やるべき事のリストや簡単なメモ機能をすぐに開くこともできたりと、慣れてしまうと他に浮気する気がしなくなります(笑)。

 それと、スマホとの連携もポイント大きいです。スマホでやった作業がそっくりそのままパソコン側にも反映されている便利さは、メールソフトを使っていた当時からすると、大げさではなく、隔世の感があります。

 というわけで、とても便利なGmailなのですが、使いはいじめたときに、Googleのアカウントも作成したということは、覚えていますでしょうか?

Gmailを使っているということは、Googleのアカウントを既に持っているということだった!

 これ、わかりにくいですよね?

 Googleのアカウントを持つキッカケは、Gmailを使い始めるか、あるいはYouTubeでチャンネル登録をする時だったかも知れませんし、私のようにキーワード広告の仕組みを知りたくて、という方もいるかも知れません。

パソコン画面に貼り付けられたたくさんのメモと男性
知らないうちにアカウントがいっぱい?

 あ、キーワード広告なんて古い言い方は、今はしないと思いますが、いずれにしても登録したのは一昔以上前の話で、記憶になんかありません。

 私の年代に近い方の場合には特にそうなのですが、Googleのアカウントをたくさん持っている方が多いのは、Googleが提供している個々のサービスを使い始める際に、その必要性はないのに、毎回新たにアカウントを作っていたからです。

 なので逆に、Gmailを使うことを止めてしまってメールのデータを削除しても、Googleのアカウントは残るのですが、ここがまた、わかりにくい(笑)。

 また、最近はあまり耳にしなくなりましたが、迷惑メールがたくさん舞い込んでくるようになったので、そのGmailアドレスは捨てて、新たに別のアドレスを登録する(知らないうちに新しいGoogleアカウントを登録している)って、よくあるケースだったと思います。

そもそもGoogleのアカウントって、何?

 ここまで読まれて、かえって混乱している方がいるかもしれませんので、整理しておきますと、

Googleにアカウントを持つとは、Google社が提供しているサービスを使うためのユーザ登録の意味で、アカウントを持つと、Gmail、Youtube、playstore(プレイストア)、GoogleDrive(グーグルドライブ)などなどのサービスを利用できるようになる。また、Gmailを使用し始めると、そのGmailアドレスを『Googleアカウントにログインするための、ユーザIDにすることができる。

ということなのです。逆に、Gmailを使わない場合には、別のメールアドレスをGoogleにログインするためのIDとして、登録しなければなりません。

 というわけで、最初からGmailを使い始めると、そのメールアドレスが、ユーザIDになることを分かっていないと、Googleのアカウント登録をしたという感覚にならないし記憶に残らないのも、実は無理もないことだったワケですね♫

Googleにログインとは?

 Googleのサービスを利用するにあたって、最も分かりにくいのが、この点かも知れません。

たくさんの郵便受け
アカウントをたくさん持つと混乱します

 例えば、Gmailを開こうとしたときに、ログインを求められた時は、「Gmailにログインするのではなく、Googleにログインする」ワケです。なのでその状態で、YouTubeを開くと、ログインしたままですので、登録したチャンネルなど、自分専用の画面が開きます。

 もし、GmailとYouTubeとそれぞれを使い始めた時に別のGoogleアカウントを作成してしまっていた場合には、こうはいきません。そのアカウントの自分の画面は開きますが、「あれ?前回登録したチャンネルはどこ?」状態になります。なので、いちいちアカウントを切り替えなければならないワケです。

 というワケでいかがでしょう?

 GmailやYouTubeなどを使う際に、ログインを求められた場合には、それはGoogleのサービス全体にログインするのであって、個々のGmailやYouTubeにログインするワケではありません。

 それともうひとつ大切なことは、

ログインは、ブラウザー単位で行われる

という点も、知らないと混乱する部分だと思います。パソコン(あるいはスマホ)単位ではありませんから、chrome でログインしていても、ブラウザーソフトをedgeに切り替えると、改めてログインし直さなければなりません。

 ん?まだ混乱していますか?「そもそも、アカウントって何なの?」という方は、こちらの投稿(「アカウントを作成する」のアカウントの意味を深掘りしてみた)を参考にしてみて下さい。
 

Googleのサービスを使うなら、ブラウザーはchrome(クローム)を使うべし!

 最近になって気付いたことなのですが、知らないうちにGoogleアカウントをいくつも持ってしまった方々は、ブラウザーソフトにchrome以外のものを選択している人が多いです。

 Googleのオンラインサービスを頻繁に使う場合は、chrome以外のブラウザーを使うのは、損な選択、というか面倒な選択です。

Google検索のパソコン画面。右上の表示を赤丸で囲ってある。
検索画面に、ログインしているGoogleアカウントが表示される

 理由は、右上に表示されるログイン状態の表示と各サービスにジャンプできるボタンです。これがあるおかげで、とても便利になっているのです。アカウントを複数持っている方は、ここでアカウントを切り替えることも可能です。

 また、私は、移動用にMac BookAir を持ち歩いていますが、それで使うブラウザーもchromeにして、Googleアカウントにログインしておくと、ショートカットなどの情報が自動的に引き渡されてきますので、普段使いのデスクトップと同じ環境になり、これまた便利です。

まとめ

 まとめといいつつ、ここからが自爆ネタなのですが、実は私、つい最近までGmailのパスワードと、Googleアカウントのパスワードは別物だと思っていました。

 遠い記憶を辿ると、最初にアカウント登録したときはGmailは使っていませんでしたので、通常のメールアドレスを登録して、それにログインパスワードを指定していたからだと思うのですが、定かではありません。

 まあ、それはそれとして、Googleのサービスを使うにあたっては、Gmailのアドレスをひとつだけにして、ブラウザーをchromeにするだけで、かなり便利になりますということで、まとめておきます。

 それにしても、その昔、MacとWindowsとの間でファイルを共有しようとエミュレーターを苦労して導入したり、パソコンを買い換える度に、メールのデータをどう移転するか悩んだあの頃……。

 いったいなんだったんだろうなぁー、なんて思えてしまうくらい、便利になりましたよね?

 これで、いいのだ(爆笑