Twenty Nineteen テーマのスクリーンショット

WordPress5.0と、新しい標準テーマTwenty Nineteenを使ってみた

投稿者:

 ワードプレスの新しいバージョン、5.0の正式リリースがいよいよ間近に迫ってきました。これに先だって、公開候補版のダウンロードができるようになりましたので、私もサイトのひとつに導入してみました。

 お楽しみは、それに含まれている新しい標準テーマ、Twenty Nineteen(2019)がどのようになっているのか、です。

ワードプレス5.0では、入力方法が大きく変わる

 テーマの話題に入る前に、ワードプレスの新バージョン5.0について少しだけ説明しておきます。

 新バージョンで大きく変わるのは投稿の編集機能(エディター)で、実は今、この文章も新しくなった入力画面を使って、入力しています。

Gutenberg

 ”Gutenberg(グーテンベルグ)”と名付けられた、この入力方式は、投稿をひとかたまりのデータとして扱うのではなく、その中に含まれている段落や画像などをひとつひとつ独立したブロックとして扱うようになっています。

 こうすることで、これまでよりも自由度の高い編集作業が可能になります。

おかげで、このように段組をすることができるようになりました。

 

 また、段落の始めの一文字をスペースにすることができるようになっていることも、ポイントが大きいですよね?これだけでも、ずいぶんと読みやすくなる気がします。

 あ、でもこれは私の年代故かも知れません(滝汗)。

 段組と同じくらい便利になったと思う機能は、ウィジェットをブロックとして扱うことができることです。

 例えば、みなさんがよく使っているウィジェット(ブログパーツのことです)の『カテゴリー』を本文中に表示することができます:

 これは、便利ですよね?

 これまでは、サイドバーやフッターなどの決められた場所に表示するしかなかったわけですが、本文中に表示できるとなると、新感覚のレイアウトで、ページができあがりそうです。

 この他にも、文字や画像の大きさの調整など、このエディターのおかげで、楽になったことがたくさんあります。

 新テーマTwenty Nineteen には、サイドバーがない!

 さて、ブロックを組み合わせるように、画像やウィジェットなどを投稿文の中に配置できるようになったわけですが、それって、本文だけではなくて画面全体でできるなら、ちょー便利そうですよね?

 そうなれば、横書きという制約はあるものの、新聞や雑誌のようなページができしまうのではと、妄想が広がります(笑)。

 そこで私も、正式版のリリース前に試用版を使ってみることにしました。新テーマのTwenty Nineteenは、ダウンロードするWordPress 5.0の試用版に含まれて配布されています。

 使い始めて最初に気付いたことは、サイドバーが無いということです。ウィジェットを置くことができるのは、フッター(ページの最下部)に2カ所確保されているだけです。

 この意図は、新エディターを使ってみた感じから理解できるような気がします。これまでサイドバーに表示していたものは、必要であれば、本文中にブロックで差し込めばOKですから。

 また、考えてみると、サイドバーにいくつものウィジェットを並べるのは、スマホでの表示には優しくないですよね?というか、以前のように長いサイドバーを使っているサイトが減ってきている理由は、その部分だと思います。

 その他の特徴としては、リンクの文字列の色を簡単に変更できるようになっていることぐらいでしょうか?アイキャッチ画像を指定すると、ドーンとトップに表示されるのは、確かTwenty Seventeenでも同じだったように記憶しています。

 試しに作成してみた固定ページはこちらです。

 WordPressの標準テーマは、「細かいことは、cssなどのコーディングで対応してね」という感じのものが多いので、これをベースにしてあとはご自由にということなのだと思います。

 結論:まだ始まったばかりで、ユーザ側にも慣れが必要

 WordPressを率いるMatt Mullenweg氏は、「ワードプレスの目指すところは、出版の民主化です。」と語っています。

 新しいエディターの名称を、活版印刷の父として歴史に名前を残しているGutenbergと名付けたことから想像するに、今回の変更は、ウェブサイトのデザインや使用体験を一新するための第一歩だと考えているように思われます。

 すると、私のような一般ユーザは、今後出てくるテーマを楽しみに待つしかなさそうです。でも同時に、私達ユーザの側も、お決まりの定型タイプ的な発想から脱却しなければならないはずです。

 自分にあうテーマの探し方も変わりそうです。

 私の場合は、これまではトップページでウィジェットをおける位置を中心に考えていましたが、今後は作成するページ全体の柔軟性(例えば、ブロック幅の調整がカスタマイザーで可能など)、がポイントになりそうな予感です。

 というわけで、進化し続けるワードプレスに、どこまでついていけるかなぁーっと(滝汗

 

 

5 comments

  1. はじめまして(^^♪
    ワードプレス初心者です。
    ブログ記事の最初の写真をアイキャッチ画像にしたいのですが、そういったテーマがあると言われたものの…テーマすら変えられず…( ;∀;)
    なかなか、上手く扱えないです…

    いいね: 1人

    1. 旅する栄養士さん、はじめまして♫
      ご訪問ありがとうございます。
      アイキャッチ画像の扱いは、テーマによって異なるのが面倒なところですね。
      旅する栄養士さんがお使いのものは、カテゴリーによってトップ画像が変わるようになっているんですね!!
      こういうテーマ始めて知りました。
      食の観点からの海外事情、興味あありますのでフォローさせて下さいね♫

      いいね: 1人

      1. 私のテーマは、初めた時のままのものです。
        まだ変更していないので…(*_*;
        アイキャッチ画像を指定すると、本文を読むときに変わるようになっているみたいです。
        ブログ、見てくださり、ありがとうございます。
        これからもよろしくお願いします。
        私も、masashiさんのブログでwordpressを勉強します(^^)/

        いいね: 1人

      2. そうだったんですね。テーマは、左側めにゅーのテーマの「ボタン部分」をクリックすると選択肢がたくさん出てきます。ライブデモもできるようになってますので、ホント便利になりました。
        フォローありがとうございます♫

        いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中