初心者向けワードプレス立ち上げ順の用語集

辞書とワードプレスのロゴとコーヒーカップ

 この用語集は、ワードプレスを使い始めるにあたって知っておくべき用語を、その用語に出会うと思われる順番を想定して、初心者向けに解説してみたものです。

1. レンタルサーバーの契約から ワードプレスのインストールまで

 このセクションは、ワードプレスをセットアップするまでに使われる用語です。レンタルサーバー各社がそれぞれに用意しているマニュアルが、難しいと感じた時の参考になれば幸いです。

ワードプレスとは?

 ブログサイトやウェブサイトを作るためのソフトウェア(アプリ)のひとつです。ワードプレスを使い始めるにあたっては、二種類あることに注意して下さい。

 ふたつあることを理解していないと、同じワードプレスの話をしているのに、話が全くかみ合わないことがあります。

インストール型ワードプレス

 まずインストールとは、コンピュータにソフトウェアをセットアップして使えるようにすることです。

 ひとつめのワードプレスは、worpress.orgで提供・管理されているワードプレスです。このタイプは、レンタルサーバー(後述)に自分でワードプレスをインストールして使います。現在もバージョンアップが続いていて、この活動に貢献している人達を核としたコミュニティーが世界中に広がっています。

・出来合い型ワードプレス

ワードプレスのロゴデザイン
使い込むとハマるワードプレス♫

 ふたつめは、wordpress.comで提供されているワードプレスです。上記のワードプレスに付加価値をつけて、サービスとして提供されているため、レンタルサーバーも不要(料金に含まれています)です。

 イメージとしてはアメブロなどのフリーブログのように、ユーザ登録後に、すぐにブログとして使い始めることができるようになっています。

 こちらを使う場合には、ワードプレスのセットアップに関する用語はドメインだけ知っていればOKで、他は知らなくても問題ありません

・もっと詳しく?

 こちらの『ワードプレス(WordPress)には、2種類ある』では、ふたつの違いや特徴を詳しく説明しています。

レンタルサーバーとは?

 画像や文章などをインターネットで公開するための専用コンピューターのことです。ワードプレスは、レンタルサーバーにインストールして、それを自分のパソコンから使う仕組みになっていますが、感覚的にはパソコンを使っているのとなにも変わりません

 ここでは、入力した文章や画像は、サーバー側に保存されることだけ理解できていればOKです。

・専用サーバーと共有サーバーの違い

 専用サーバーは、家に例えるなら一戸建て(サーバーを一台丸ごと)を借りる感じ、共有(共用)サーバーはシェアハウスのようなイメージで、一台のコンピューターを多人数で使うものです。

 廉価のレンタルサーバーは、共有する人数が多いためか、速度が遅くなる傾向があるようです。

・サーバーの引っ越しを余儀なくされる時とは?

 サーバーとはいえ、パソコンと同じコンピューターです。年数とともに古くなるものですから、運営会社側でも設備の更新が必要です。

 また、アクセスが急増して、契約しているプランのデータ転送量の上限をこえてしまいそうな場合には、早めに引越を検討しなければなりません。

 この点に関しては、『新種のレンタルサーバーと、サーバー選びの考え方』(こちら)で、詳しく説明しています。

ドメインとは?

 インターネットアドレス(正式にはURL)のうちの頭の共通部分がドメインです。

URLとドメインとスラッグを示した画像
URLとドメインとスラッグの関係

 ひとつのドメインは、世界に一人または一組織にしか与えられません。なのでそのための管理を含めて、ドメインを持つためには年間の維持費用を支払うことが必要です(サーバーの代金とは別です)。

  ドメインは、家に例えるなら『表札』のイメージです。 サーバーを引っ越す場合には、ドメインを一緒に持っていくことができます。この点も、家の表札と似ていますよね?

初期ドメインとは?

 レンタルサーバーを借りると、サーバー会社によっては初期ドメインが指定されてくることがあります。

 この場合には、自分のドメインを取得せずに、初期ドメインのままウェブサイトを作り始めることができますが、仕事用のサイトの場合には、お薦めできる方法ではありません。

・ドメインはどこで取得するか?

トップレベルドメインの数々
ドメインも選択肢いろいろです

 ネット上には、ドメインを取得するための専用のウェブサイトがあります(例: https://onamae.com/ )ので、自分が希望するドメインが空いているかどうかを、まずは、そうしたサイトで確かめておきましょう。

 ただし、ドメインを取得するのはレンタルサーバー会社から行いましょう。

 その理由は、次の項目で説明するサイトのSSL化(通信の暗号化)です。この設定はサーバー会社独自の仕組みを使うのが手軽で簡単なのですが、そのためにはドメインの管理が、そのサーバー会社になっていることが必要です。よそで取得したドメインだと余計な時間と手間を要してしまいます。

・ドメインはどこで使い、使うとどうなるのか?

 取得したドメインは、サーバーの管理画面に、それを設定する箇所が必ずあります。レンタルサーバーとの契約が完了したら、まず最初にやることが、この設定です。

 ドメインの設定が完了し、数時間待った後に、そのドメインをブラウザで表示してみましょう。工事中など、サーバー会社が用意した画面が表示されるはずです。

SSLとは?

 通信を暗号化のする技術のひとつとご理解下さい。

 自分のドメインを打ち込んで表示された画面を確認してみましょう。打ち込んだアドレスの表示欄の一番左に鍵のアイコンが表示されていれば、SSLの設定が済んでいることになるのですが、レンタルサーバーを借りた場合には、この設定は自分でやらなければなりません。

鍵アイコンが表示されているウェブサイトのURL欄
SSL化されると表示される鍵アイコン

 サーバー管理画面の中に、SSL設定の項目が必ずありますので、マニュアルに従って設定しましょう。

・なぜ暗号化が必要なのか?

 分かりやすいのは、問合せのフォームを設定する場合です。お客様がフォームに入力した個人情報のデータが、ネット上で自分に届くまでの間に、誰かに覗き見されてしまってはまずいですよね?

 実はこうしたことは、フォームだけではありません。やや技術的な話になりますのでここでは説明しませんが、ドメインの設定が済んだら、次にやることはSSLの設定です。後からでもできますが、一度サイトを作り始めてから設定しようとすると面倒なことになります。

データベースとは?

 普段は耳にすることがない言葉ですが、データベースがなければ現代の経済活動が成り立たないくらい広く用いられているものです。

 ワードプレスでは、入力された文字や設定などは、このデータベース(エクセルの表のようなイメージです)に保存していまず。このため、ワードプレスをインストールをする前に、サーバーの機能を使って、先にこのデータベースを作成しておくことが必要です。

 レンタルサーバーによっては、ワードプレスをインストールする際に、同時にデータベースを作成してくれるような仕組みのものもあるようです。

 どちらの場合も、ワードプレスがデータベースとやりとりをするために必要な項目(データベースの名前、アクセスするためのパスワード)を指定することが必要です。接頭文字列を指定するようになっている場合には、初期設定のままでOKです。

 もうひとつここで重要なことは、ワードプレスとデータベースとは、完全に独立したものだということです。このことは、何かの理由でワードプレスが壊れてしまった場合でも、データは影響を受けないというこを意味しています。この点は重要なので、覚えておきましょう。

ディレクトリ(フォルダ)

ファイルの階層構造のイメージ
ファイルの階層構造とルート

 ディレクトリとは、パソコンで言えばファイルを保存するフォルダのことと理解していただいてOKです。ワードプレスをインストールする際には、どのディレクトリにインストールするかを指定するようになっています。

 自分で好きなディレクトリを指定してインストールすることもできますが、そのままだとトップページのURLが、ドメインのみではなく、あなたのドメイン名/ディレクトリ名/ のようになってしまい、設定が面倒になります。なので、インストールするディレクトリはルート(次項)にしましょう。

 尚、sakura インターネットのレンタルサーバーの場合は、ルートにワードプレスをインストールすることはできませんが、ドキュメント・ルートを指定することで、トップページのURLがドメインのみとなるよう設定することができるようになっています。

ルート

 ここでは、平方根の意味ではなく(懐かしいですね)、根っこの意味です。一番最初のディレクトリ(あるいはフォルダー)くらいの意味です。ルート・ディレクトリの中に新しいディレクトリをいくつか作成したり、さらにその中にディレクトリーを・・・と、なっていくわけですが、その一番最初のものくらいにお考え下さい。

 ワードプレスをインストールする際のマニュアルが、各サーバー会社によって用意されているはずですので、よく読んでインストールしましょう。

FTPソフト

 手元のパソコンに保存しているデータをファイル構造ごとサーバーにアップロード(あるいは逆)するために使うソフトウェアです。

 ワードプレスをパソコン上で使えるようにセットアップしたような場合には、それをそっくりそのままサーバーにアップロードすることができます。またワードプレスのテーマ(後述)をワードプレス以外から入手して使う場合にも、このソフトが必要になります。

 レンタルサーバー側には、FTPアカウントが設定されています(あるいは自分で設定するレンタルサーバーもある)ので、その情報をFTPソフトに設定して使うことが必要です。

ここまでのまとめ

 レンタルサーバーを借りて、ワードプレスをインストールするまでの工程は、そう何度も繰り返して行うわけではありませんから、再度やるときには忘れてしまっているものです。

 そこで、みなさんにお薦めしていることは、専用のノートを一冊用意してから作業を始めることです。ひとつひとつの工程を記録しておくと、後々に役に立つことが必ずあります。

 インストールができて無事にワードプレスの管理画面が表示されたら、さっそく、自分のサイトを見てみましょう。ブラウザーに「あなたのドメイン名」を入力して、スケルトン(骨組み)状態のトップページが表示されていれば、完了です。

2.ワードプレスの管理画面と基本設定

 用語集としては余談になりますが、ワードプレスの管理画面は、実は初めての方にも優しくできていて、表示している画面のヘルプを素早く表示できるようになっています

 このあたりは、言葉で説明してもイメージが浮かばないと思いますので、ビデオ(5分4秒)を作成してあります。初めての方はぜひぜひご参照下さい。

※ワードプレス管理画面には、困ったときの参照先がちゃんと用意されています

ツールバー

 管理画面上部に表示されている細長いバーのこと。ここには、よく使う画面へのショートカットが表示されている。例えば、左端のワードプレスアイコンからドキュメンテーションをクリックすると日本語のマニュアルページを表示、家のアイコンからは、自分のウェブサイトのトップページを表示するようになっている。

 ログインした状態で自分のウェブサイトを表示したときにも上部にツールバーが表示されるので、気になる場合には、管理メニューの『ユーザ』→『あなたのプロフィール』の画面で、表示をオフにすることができる。

 ツールバーにぶら下がるように表示されている、表示設定やヘルプもとても便利にできているので、詳しくは上のビデオを参照して下さい。

管理メニュー

 管理画面左側に表示されるめメニューのことです。注意としては、表示されるメニュー項目は、全員いっしょというワケではないことです。

 プラグイン(後述)を追加していくと、項目は増えますし、外注でワードプレスサイトを制作してもらった場合には、独自のマニュアルが追加されていたり、逆に、表示項目が減らされているということもあります。

 これはワードプレスの自由度の高さゆえなのですが、全員同じという感覚でいると、話がかみ合わなくなりますので、ご注意を。

ダッシュボード

 インストール直後の『ホーム』には、イベント情報などの項目が表示されているだけですが、追加するプラグインによっては、ここに項目が追加されます。

 表示されている項目のレイアウトは、ドラッグ&ドロップで変更可能です。また、表示・非表示の選択は、ツールバー直下の『表示オプション』からできるようになっています。

・『更新』について

 ワードプレス本体や使っているテーマ(後述)、プラグイン(後述)は、頻繁に更新されます。更新は、機能の変更・追加だけでなくセキュリティー対策という場合も多々ありますので、更新の通知が表示されたら小まめに更新を実行しましょう。

 ワードプレスサイトの保守管理については、こちらの投稿で詳しく説明しています。

ユーザー

 ダッシュボードを確認できたところで、最初にやっておきたい設定がひとつありますので、管理メニューの『ユーザー』から『あなたのプロフィール』を選択します。

ワードプレス管理画面でのニックネームの設定箇所
投稿を始める前にニックネームを設定しておこう!

 表示された画面の中段あたりに、「ブログ上の表示名」という欄があり、ここには、ログインする際のユーザー名が選択されているはずです。

 ワードプレスをセットアップした際に、自動的に生成された強力なパスワードをそのまま使っているのであれば、まあ心配はないのですが、ユーザー名を公開してしまうのは、やはり気持ちが悪い状態です。

 そこで念のために、その上の欄にニックネームを入力して、 「ブログ上の表示名」 をニックネームに変更しましょう。設定を終えたら、「プロフィールを更新」というボタンが一番下にありますので、それをクリックすることを忘れないようにお願いします。

・ユーザー一覧について

 ついでに、こちらも確認しておきましょう。ワードプレスは、チームで使えるようになっています。

 ご自分でインストールした直後であれば、リストアップされているのはあなたお一人で、権限グループの欄は、「管理者」となっているはずです。管理者は、このワードプレスに関して何でもできる権限です。

 権限グループには、管理者以外にも「編集者」や「投稿者」などが用意されています。チームでワードプレスを使う方は、上記の日本語マニュアルを調べて、権限によって何が許可されるのか、一度確認しておきましょう。

メディア

 ワードプレスは、画像、音声、動画などのファイルをメディアとしてまとめて管理しています。pdfファイルもここに保存することが可能です。

 ただし、サーバーに保存した音声や動画ファイルをサイト内で公開するのは、通信のデータ量が大きくなりすぎるため、あまり現実的ではありません。

 このサイトには、動画のホスティング(保存&ネット上での公開)機能が備わっているため可能ですが、通常は、YouTubeなどの外部のサービスを利用してそこにアップロードし、そのURLを貼り付けることで動画の表示が可能です。

 具体例としては、『スマホ撮りした縦の動画を、ワードプレスでシェアする方法』をご参照下さい。

・画像ファイルは、どこで入手するか?

 記事の投稿をし始めると、意外と時間がかかってしまうのが、添付する画像ファイルです。画像の入手先には、有料・無料含めてさまざまなものがあるようですが、私はブラウザー上で加工が簡単にできる canva.com を使っています。

 その他の加工ツールなどは、『このサイトの作成方法』で紹介しています。

投稿と固定ページの違い

 ワードプレスで作成したウェブサイトの場合、表示されるページには3種類あることを、まずは理解しておきましょう。

 『投稿』は、フィエスブックやツイッターの投稿と同じで、時系列に整理されているものです。このため各投稿には投稿日時が表示されているのが通常です。

 これに対して『固定ページ』は、それを作成した日時があまり重要ではない場合に用いられます。例としては、問い合わせページや自己紹介のページなどです。この用語集も固定ページを使って作成しています。

 三つめは、アーカイブ(書庫の意味)ページです。これはワードプレスが自動的に生成するページで、例えばこのサイトのトップページがそうで、過去の投稿をリストアップしたものがそれです。

・もっと詳しく

 ワードプレスでは、蓄積されていく過去の投稿を自由に分類して表示することができるのが最大の特徴です。カテゴリータグ(後述)を使うことで、それに該当するものだけを、過去の投稿から選び出して表示することが簡単にできてしまいます。それらのページがアーカイブです。

固定ページ編集パネルの最下部の『ページ属性』部分のスクリーンショット
固定ページ設定場所

 固定ページはアーカイブの対象にはなりませんから、アーカイブの対象にしたいような記事内容の場合には投稿を使う、というふうに使い分けると良いと思います。

 逆に、固定ページは、階層構造にすることができるという特徴を持っています。

 新たなページを作成する際に、親ページを指定するだけで階層構造にすることができますので、分かりやすいと思います。

ブロックエディターとクラシックエディター

 管理メニューの『投稿』または『固定ページ』から『新規追加』を選択すると開くのが、編集画面(エディター)です。ここから入力する文字や画像などが、サイト上に公開されます。

 新規にワードプレスをインストールすると、初期設定ではブロックエディター(あるいはグーテンベルク)と呼ばれている新しい編集画面になっています。

Gutenbergの肖像画
活版印刷の父グーテンベルク

 この編集画面の使い方は、『WordPressのブロックエディターを、便利に使い始めるための7つのポイント』で説明しています。

 新感覚のエディターは、コツを掴めばすぐに慣れますし、とても便利にできていますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 逆に、どうしてもワープロ(懐かしいですね)感覚の編集画面のほうが良いという方は、Classic Editor(クラシックエディター)というプラグイン(後述)がありますので、それをインストールして下さい。

 クラシックエディターのプラグインは、オン/オフできますので、状況によって切り替えながら記事を編集することも可能です。この点については、下のビデオで詳しく解説しています:

・旧エディターで作成した投稿は、簡単にブロックに変更可能

 上のビデオの中で紹介していますが、ブロックエディターが登場する以前に作成した投稿は、一瞬でブロックに変換してしまうことが可能です。

テーマ

  ワードプレスサイトのデザインのこととご理解下さい。アメブロのスキンのように簡単に切り替えることはできますが、テーマにはそれぞれに独自の機能が備わっているため、切り替えると細かな調整が必要になる場合がほとんどです。

 使っているテーマは、管理メニューの『外観』から『テーマ』を選択すると表示されます。インストール直後は、デフォルトの “Twenty XX”が選択(有効化)されています。別のテーマを探すには、この画面の左上の『新規追加』をクリックです。

 すると、驚くほど多くのテーマが登録されていることがわかります。このワードプレスの公式ディレクトリに登録されているテーマを使うには、「インストール」をクリックして「有効化」するだけでOKです。

・テーマの選び方のヒント

a) 一回で決めてしまおうとしない
 まずはワードプレスそのものに慣れて、ストレスなく発信できるようになることが先決ですから、初めての方がいきなり多機能なテーマから入ることはお薦めできません。まずは、練習用として基本的でシンプルなTwenty xxxxを選びましょう。

b) 見本の通りに使うことを念頭に選ぶ
 文字のフォントや1行の長さを自由に変更するには、CSSというコーディングを学ばなければできません。くどいようですが、まずはワードプレスに慣れることです。デザイン・レイアウトはそのままで使いましょう。

c) 人気があるものは理由があってのこと
 練習用のテーマを卒業する際には、公式ディレクトリーから人気のあるものを選ぶことをお薦めします。テーマも更新されますので、公式ディレクトリー以外からテーマを入手すると、メンテナンスが面倒になります。

d) 画像はついてこないことが多い
 テーマを探す際に気をつけることとして、表示されている見本には、画像が入っていますがインストールするものはスケルトン(骨組み)のみの場合がほとんどです。インストールしてみると分かりますが、画像の雰囲気で選ばないこと。

e) SEOなどの機能性を謳ったテーマについて
 日本ではこれが多いようですが、テーマに加える付加機能はプラグイン(後述)で実装できる場合がほとんどのはずです。ワードプレスの使い手としての自分の成長に合わせて、ひとつひとつプラグインで機能を拡充していくほうが、後々テーマを変えたくなったときに時間の節約にもなります。

カスタマイザー

 ワードプレス管理メニューの『外観』から『カスタマイズ』を選択すると表示される画面は、カスタマイザーと呼ばれています。

 この画面では、選んだテーマの設定を変更することができるようになっています。変更されたことは、すぐに右側の画面に反映されます。自分の目で確認して、OKであればメニューの左上の『公開』ボタンをクリックして公開します(これを忘れると、変更が反映されません)。

 使うテーマが決まったら、まずはこのカスタマイザーを使えるようになりましょう。公開ボタンを押さなければ、パソコン上だけのことですので、気楽にいろいろと試すことができるはずです。

 尚、変更できる箇所や項目はテーマによって異なりますが、基本は同じです。

ウィジェット

 サイドバーなどで動作させるプログラムのことです。ブログパーツと呼んだ方が分かりやすいかもしれません。

 この記事をパソコンでご覧であれば、右側のサイドバーに表示されている動画、投稿カテゴリー、Tag Cloud などのひとつひとつがウィジェットです。

 管理メニューからは、『外観』→『ウィジェット』を選択すると、使用可能なウィジェットが表示されます。ワードプレスのインストール直後は、ワードプレスによって提供されている標準のウィジェットしかありませんが、ウィジェットを追加するプラグイン(次項)がたくさんあります。

・ウィジェットの使い方

 使うウィジェットを、右側の表示エリアにドラッグ&ドロップするだけです。試しにカレンダーを表示してみましょう。カレンダーの場合は、特に何も設定することはありません。

 ウィジェットは、また、上記のカスタマイザーから設定することもできます。この場合は、サイドバーやフッターに設置するウィジェットを選ぶようになっています。

プラグイン

 ワードプレスに機能を追加するためのプログラムのことです。セキュリティー対策やSEO対策に用いるような、公開しているウェブサイトの表面には現れないものから、お問合せやイベントページを作成を追加してくれるものなどなど、さまざまなプラグインが存在します。

ワードプレスのプラグインの新規追加画面のスクリーンショット
おすすめだけで、9000個ものプラグインが登録されている

 プラグインを追加するには、管理メニューの『プラグイン』から『新規追加』を選択します。右上に「プラグインの検索」という欄がありますので、ここで試しに event と入力して検索してみましょう。

 表示されるプラグインの数に驚かれるはずです。

 それぞれのプラグインには「今すぐインストール」というボタンがあるのが見えています。これをクリックすれば、インストールがすぐに始まりますが、インストールをしても、「有効化」をしなければ動き始めませんので、試しに何かをインストールしてみてもOKです。

・プラグインは、「インストール」して「有効化」、そして「設定」

 プラグインを有効化すると、管理メニューの「どこか」に、その設定画面を開くためのメニュー項目が追加されます。

 どこかにというのは、メインの項目として追加される場合の他に、管理メニューの『設定』または『ツール』の中にサブ項目として追加されることもあります。なので、プラグインを有効化したら、どこにその設定項目が追加されたか、いちど確認して、設定作業を行いましょう。

 設定画面を開いてみて、設定の意味が分からない場合にはそのプラグインは使わないほうが良いと思います。あせらず、一歩一歩でいきましょう。

・同じようなプラグインを複数使わない

 プラグインは、非常に多くの人達が作成して公開していますので、同じ目的のものでもたくさんの種類があります(例:All in One SEO Pack と Yoast SEO)。

 同じようなものを複数使ってしまうと、機能同志が喧嘩をすることになりかねませんので、ひとつの目的に対してひとつのプラグインということは、覚えておきましょう。

設定

 最後に、管理メニューの『設定』項目も少し眺めておきましょう。まず『設定』から『一般』を選択します。

 まずサイトのタイトルとキャッチフレーズですが、これらはカスタマイザーからも変更可能な場合が多いと思います。

 次のWordPressアドレス(URL)と、サイトアドレス(URL)ですが、この用語集の順番にサイトをセットアップされたみなさんは、このふたつには、あなたのドメイン名のみのURLが表示されているはずです。これらは下手に触るとサイトが表示されなくなったりしますので、注意して下さい。

 このページでは、タイムゾーン以下を東京に設定、日時以下は、好みで設定して、最後に『変更を保存』をクリックします。

・パーマリンク設定とは?

 次に、『設定』から『パーマリンク設定』を選択してみましょう。「共通設定」では、投稿や固定ページのURLのスラッグの部分をどのような形式にするかを指定できるようになっています。

URLとドメインとスラッグの関係を説明
URLとドメインとスラッグの関係

 ワードプレスを使う方は、たくさんの投稿をされるはずですから、後でURLを見たときに、その記事がどの記事なのかがわかるようになっていないと、とても不便です。

 なので、ここでは、「投稿名」を選択される方が多いと思います。その場合、スラッグは日本語の投稿タイトルそのままになってしまいます。現在は、ネット上での表示も日本語対応になってきているようですが、現時点ではまだスラッグが日本語では不都合な場合があるようです。

 このスラッグは、投稿時のエディターのメニューの中の『パーマリンク』で、変更することができるようになっていますので、私の場合は現時点では、アルファベットのものに書き換えるようにしています。

3.記事の投稿と設定

カテゴリーとタグ

 ワードプレスでウェブサイトを作成されるみなさんは、投稿記事をたくさん書こうと考えているはずですが、カテゴリーとタグは、記事を読みに来てくれた方向けに、「このサイトには、こんな記事がありますよ」ということを的確に伝えるための便利な機能です。

 たまに、投稿のほとんどが未分類になっているブログを見かけますが、これは見に来てくれた方々に対して親切な方法とはいえません。

 このサイトの場合には、パソコンで投稿記事を開くと、サイドバーにカテゴリーとタグが表示されるようになっています。

 カテゴリーもタグも項目のひとつをクリックすると、それに分類される投稿が素早く選ばれて表示されますが、これは、ワードプレスがデータベースという仕組みを使っているからこそ、素早く簡単に実現できてしまうことです。

 あ、技術的なことは、どうでもいいですよね。

・カテゴリーとタグの設定方法

ワードプレスのカテゴリー設定画面のスクリーンショット
カテゴリー設定画面:最初は大分類のみにしておくのがコツ

 ワードプレスでは、カテゴリーもタグも、ウィジェットエリア(上記)にそのウィジェットをおくことで、表示されるようになっています。どちらのウィジェットもワードプレスの標準機能として、最初から付いてくるものです。

 カテゴリーやタグの項目を新規に追加するには、投稿の編集画面からでもできますが、管理メニューの『投稿』から『カテゴリー』または『タグ』を選んで、あらかじめ設定しておくことができるようになっています。

 あるいは、カスタマイザーから新規に追加することも可能です。

 それぞれの投稿記事をどのカテゴリー項目に分類するかは、投稿の編集画面で指定するようになっています。カテゴリーの場合は、何も指定しないで投稿すると自動的に『未分類』という項目に分類されます。

 これに対して、タグの場合は、タグを付けるか付けないかは自由ですが、カテゴリーもタグも検索結果に表示されることが多々ありますので、面倒でも設定することを心がけましょう。

 カテゴリーとタグの使い分けについては、こちらの記事にまとめてあります。

メニュー

 ワードプレスでは、メニューに関しても選択肢の連続です(笑)。テーマによっては、最初からメニューが用意されているものもあり、その場合には、それを用いてメニュー項目の設定をしましょう。

 ですが多くの場合には、最初はメニューを作ってやらなければなりません。

 メニューの作成と設定は、カスタマイザーからできるようになっています。メニューを作成するには、その名前を決めて(例えば top-menu)、それをどこに表示するかを指定するものが多いと思います。

 なぜこのように面倒なことになっているかというと、ワードプレスは、テーマによっては、複数の異なったメニューを違う場所に表示できるようになっているからです。

 一度メニューを作ってしまえば、あとは項目を追加するだけです。メニューの項目として指定できるのは、固定ページや投稿記事へのリンク、投稿ページ(次項で説明)へのリンク、タグやカテゴリー項目へのリンク、などです。

 タグやカテゴリーの項目をメニューに設定する場合については、こちらの投稿に概要を説明してあります。

フロントページと投稿ページ

 一般的にはトップページと呼んだりホーム(あるいはホームページ)と呼んだりしていますが、ワードプレスでは、ドメインのみで表示されるページのことをフロントページと呼んでいます。

 また、投稿記事を新しいものから順に表示しているページは、投稿ページと読んでいます。フロントページと投稿ページは特別扱いのページなので、覚えておきましょう。

・フロントページの初期設定

 ワードプレスをインストールした直後は、このフロントページが投稿ページになるような設定になっています。例えば、このサイトがそうです。ドメインのみで表示されるページは、過去の投稿記事が新しいものから順にリストアップされたページになっています。

 この設定は、カスタマイザーの『ホームページ設定』から変更することができます。テーマにもよると思いますが、初期設定では、『最新の投稿を表示』にチェックが入っているはずです。

・フロントページと投稿ページを分ける手順

 フロントページには、任意の固定ページを指定することができます。固定ページを作成するときはスラッグを指定しているはずですが、フロントページとして指定することで、スラッグなしのドメインのみで表示されるようになるわけです。

 この時、初期設定で表示されていた投稿ページは、別の固定ページ(本文のない空の状態のもの)に表示するよう指定してやることで、フロントページと投稿ページとを別々に表示することができます。

フロントページと投稿ページとを別にしている場合の表示

 この状態のときには、固定ページの一覧には、どのページがフロントページで、どのページが投稿ページになっているか表示されるようになっています。フロントページと投稿ページが同じ設定になっている場合には、この表示はありません。

 また、この投稿ページは、編集しようとしてもできません。開いてみても、真っ白な画面が表示されるだけですが、それが通常の状態です。

4.総まとめ

 最後まで目を通していただいた方、ありがとうございます。

 知らない言葉が出てきたけれど、まだここにはない用語があれば、ぜひぜひ質問フォームからお知らせ下さい。このページに追加させていただきますので、ご協力いただけると嬉しいです。

 以上、インストール型のワードプレスを初めて使ってみるという方向けに、知っておくと立ち上げ作業がはかどると、私なりに思うことを説明してみました。

 ワードプレスは、最初から、そしていつまでたっても選択肢の連続です。いろいろな使い方がありますので、是非仲間を増やして楽しんでいただければと思います。